暮らし

心地よい「居・食・遊」

居」天然木の園舎

雨の日だって、室内でしっかり遊んじゃおう!

「そら広場」(園内遊戯スペース)

大きな空の下で遊んでいるように、無垢の木材をふんだんに使った空間に仕上がっています。木質空間は、感染症を予防する効果や情緒面への好影響など子育てするには理想的な環境です。お子さまだけでなく、保護者様、保育士も癒される空間になりました。

0歳保育ルーム
0歳児保育室「ほしルーム」
小さくてかわいい星のようにキラキラ輝き、たくさんの可能性を秘めた子どもたちのお部屋です。
1歳保育ルーム
1歳児保育室「にじルーム」
色とりどりのきれいな虹のように個性豊かで素直な子どもたちのお部屋です。
2・3歳保育ルーム
2歳児保育室「おひさまルーム」
明るく照らす太陽のように元気いっぱいで好奇心に満ち溢れた子どもたちのお部屋です。
クッキングルーム
給食室「もぐもぐキッチン」
見て、聞いて、匂って・・・。子どもたちの元気の素!おいしいお顔とうれしいお顔がたくさん見られるような優しいご飯を作るお部屋です。

にこにこひろば
おひさまと心地よい風の中、こどもたちが笑顔で元気に遊べるおにわです。

菜園
野菜作りを通じ、食材への感謝の気持ちを食べることへの興味関心を育みます。

こどもと保育と
おかたづけ

「こどもが自分で」「かたづけたくなる」「環境づくり」

みんなの笑顔を第一に願う私たちは、長く過ごす園内こそ「いつも整理された部屋」であることが重要だと考えています。キチンと整理された室内で過ごすことで、こどもの心は穏やかに育つでしょう。また、こどもが自然と「おかたづけ」を身につけられる仕組みづくりをするとともに、一緒に過ごす保育士の導線も考え、大人もこどももストレスのない環境づくりに取り組んでいます。園児の使う靴箱から園児用ロッカー、備品配置や内装まで、徹底して整理収納のプロが監修。日本初、社員保育士は全員が整理収納アドバイザー資格を保持しています。工夫を凝らした園内の一部をご紹介!

しまいたくなる靴箱
靴箱には、靴を置く場所がプリントされていることで、こどもの「置きたい!」心をくすぐります。

出し入れしやすいロッカー
ロッカーにも、しまう場所に「ぼうし」「かばん」「ふく」など可愛いイラストシールを貼ることで、わかりやすくしています。

わかりやすいおもちゃ入れ
中に入れるおもちゃのイラスト付き。何を入れるか一目でわかるので、子どもたちだけでもお片づけがはかどります。

クローゼット内の収納ボックス

心穏やかに。色を限定した収納

園児ルームにあるクローゼット内の収納ボックスは、柔らかい色味に限定。こどもがいつ見ても、落ち着いた収納であることで、心の安定感を育みます。また、保育士に負担の少ない備品配置にすることで、余計なストレスをなくし、その分保育に集中できる環境づくりをしています。

えみのき保育園の運営会社「インブルーム株式会社」がプロデュースしている事業です。独自の研修と数多くの現場経験を誇るプロフェッショナル集団です。

素朴な和給食
子どもたちが豊かな人間性をはぐくみ、生きる力を身に付けてほしい。そのためには、何よりも「食」が重要であると、私たちは考えます。保育園は、1日の生活の大半を過ごす場所であり、保育園における食事の意味は大きいです。食べることは生きることの源であり、心と体の発達に密接に関係しています。乳幼児期から、発達段階に応じた豊かな食の体験を積み重ねていくことにより、生涯にわたって健康で質の高い生活を送る基本となる「食を営む力」を培うことが重要です。

素朴な和給食

素朴な和給食

  • ① お腹がすくリズムのもてる子ども
  • ② 食べたいもの、好きなものが増える子ども
  • ③ 一緒に食べたい人がいる子ども
  • ④ 食事づくり、準備にかかわる子ども
  • ⑤ 食べものを話題にする子ども

『笑顔で楽しい食事を大切に』

習慣、味覚形成を築く上でとても大切な乳幼児期。安全で栄養バランスのとれた食事を提供するのはもちろん、まず第一にお友達と一緒に笑顔で「おいしいね」「楽しいね」と感じられる給食を目指します。

『和食を大切に』

素材の味を大切にした和食。特にだしは味覚を育てる上でとても大切なものです。子どもたちに、和食の良さやおいしさを伝えていきたいと思います。使用するだしは、国産の煮干しだし、昆布だし、かつおだし、干し椎茸だし、鳥ガラだしなどを使用し、食材そのものの美味しさを生かします。野菜や乾物の和え物や煮物、魚や大豆を使った料理を取り入れ、栄養素バランスの良い給食を提供します。

『発達過程に応じた安全な食器を使用』

自分で食べる意欲はあらゆる自信にも繋がります。発育過程に応じた適切な陶器の食器を使うことで、心身の発育を大切にします。

『見える完全給食』

見て、聞いて、匂って・・・。保育室から給食室を見ることができる環境は、子どもの食欲を刺激し、楽しみに繋がります。作りたての温かい食事は心も体も満足します。見える完全給食により、子どもたちの心身の発育を促します。補食も季節のフルーツや手作りおやつを中心にいたします。

『アレルギー対応』

卵を除いた献立です。その他のアレルギーについては個別にご相談ください。少なくとも2週間に1度、アレルギーのある子もない子も同じものを食べることができる給食の提供を行い、みんなで仲良く食べる喜びを味わえるようにします。

『安全な食材を使い、安心して食べてもらえるように』

食材は「らでぃっしゅぼーや」などの厳しい基準をクリアした食材を中心に、地産地消にも配慮し、食材を通して、四季やおいしさを感じられるよう、できるだけ国産の、旬で新鮮なものを多く取り入れます。調味料は化学調味料、防腐剤等を使用していない、安全性の高いものを使用します。また園庭内の花壇では、野菜を栽培、収穫、調理、喫食し、食材に触れる環境を作ります。

『食に関わる体験』

味噌を作ったり、とうもろこしの皮を剥くなど様々な体験をします。休日に親子で参加できるイベントも行います。

『家庭との連携』

連絡帳や「給食だより」などによる保育園の食事に関する情報提供、給食の実物の展示を行います。また、保護者参観での試食会や親子クッキングなどの開催や子どもの食に関する相談・講座も行います。

開園
順次登園自由遊び
健康観察検温

おかたづけ
排泄
おむつ交換

朝の会(出席確認)
水分補給

体操
園外保育準備
(靴下・靴履・上着)

園外保育
(散歩・公園遊びなど)
室内遊び(雨天時など)

帰園
手洗い・排泄・おむつ交換
着替え(必要時)

給食(授乳・離乳食)

帰園・着替え(必要時)
手洗い・排泄・おむつ交換

給食(キッズ食)

午睡

起床
排泄・おむつ交換・手洗い

夕の会
おやつ(授乳)・水分補給

自由遊び

水分補給・排泄
帰りの支度・順次降園

順次降園

閉園